ペクチンのダイエット効果

ペクチンのダイエット効果

みかんの内皮には食物繊維の一種であるペクチンという成分が豊富に含まれています。これにはコレステロール吸収の抑制作用があり、善玉菌を増加させることで腸内環境を整え便秘や宿便の改善などダイエットをする方に嬉しい効果はたくさん。

 

そしてみかんに含まれるクエン酸は体内の糖質を燃焼させるために必要不可欠。そのためダイエット効果が期待されるのです。

 

ダイエットに有効な食べ方
ダイエットにみかんを取り入れる場合毎食前に一個食べるのが○。特別なにかを用意する必要もないので手軽でいいですね。冬場なんかはどこの家庭にもミカンがあると思いますし、比較的日常で実践しやすいメリットもあり、みかんは水分を含んで膨張する性質があるので満腹感を得られ食べ過ぎを防ぎます。

 

注意点
実だけでなく内皮も一緒に食べるという事。ダイエットに効果をしめすペクチンは内皮にこそ多く含みますので、ここを食べなければ意味がありません。缶詰は内皮をむかれたものなので効果は期待できないですね。そして糖分もおおく含まれていますからダイエットには不向き。

 

そして、向いているからとミカンを食べ過ぎるのもいけません。ミカンの糖分を過剰摂取することになるので結果的に太るもとになります。そして、ミカン単体で食べるのもNG。置き換えとして食事を抜いてしまうと栄養バランスが崩れ、体調に悪影響です。食前に一日三個、食べることが一番いい方法でしょう。