宿便解消にこのサプリ!おすすめはこちら

宿便の症状

 

宿便はアトピーなど皮膚炎にも関連が見られます。直接的なものではなく、宿便がたまる体の状態とアトピーができる体の状態は共通しているわけです。時には腹痛や腰痛を引きおこす宿便。ただこれだけでは便秘にもあり得るので限定はできません。

 

宿便に直接引き起こされる症状はないと言えます。が、自覚がある人というのは少なくとも健康な状態ではなく改善すべき体状態にあるということは間違いないでしょう。

 

健康ですかと投げかけられて自信もってハイと言える現代人は少ないのです。現代人のその多くは誰かしら何かしら体調不良を抱えており、宿便との関係もないとは言い切れません。医学上では、腸壁に便がこびりつくというのは考えにくい話。

 

腸壁は常に新陳代謝を繰り返し、そもそも栄養を吸収するための襞ですから老廃物がたまるという状況が考えられないわけです。便秘の結果として腹痛が起こることもありえるでしょう。日々の運動などで体調を整えることが大切ですね。

 

宿便を出すお茶

 

宿便の排出の手段としてお茶があげられます。有効なお茶としては2種類ほどありセンナの有無で違ってきます。センナとは腸の蠕動運動促進作用の強い植物のこと解消効果のほどは保証しますがいかんせん作用が強い為に痛みで在ったり下痢になりやすいとも言われます。

 

センナの含まれたお茶を飲めば宿便解消は即効であると言われますが副作用も念頭に入れておきましょう。センナの含まれない宿便解消のお茶ではキダチアロエ、ハブ茶、パパイヤ、オオバコなど植物由来成分が含まれます。蠕動運動を促進したり便かさを増やし柔らかくする働きがあります。

 

なかにはマグネシウムや乳酸菌の含むお茶も。乳酸菌が増えれば悪玉菌を減らせるので自然と宿便の溜まりにくい環境へと変わります。お茶は日常生活で水分補給に摂っている方も多いでしょう。宿便が気になるという人はこれらの成分の入ったお茶に変えてみるのもいいと思います。

 

効き目の強すぎるお茶では、連続使用は危険になりかねないので、ある程度効果を実感したら一度中止するという方法で進めたほうが
いいかと思います。逆に効果がゆっくり現れるものであれば継続的に飲むことで腸内環境を整えることができると言えます。

 

断食で身体を復活

 

断食とは、実は体にいい事。人間仕事の日があれば休みの日がありますよね。それと同じように、内臓にも休みを与えることで人間にもともと携わっている免疫・治癒力を目覚めさせることもできます。

 

肌と内臓は「肌は内臓を映す鏡」と言われるほどに関係の深いもの同士。特に肝臓は美容に大きく影響を与える臓器です。現代人は必ずと言っていいほど余計ンカロリーや添加物を摂ってしまっています。

 

肝臓はそれらを代謝分解する仕事を担っているので食事した分働くことになります。人間に食事は必要不可欠ですよね。肝臓は年中無休で活動しているということ。こういった臓器をいたわる事こそ美肌を手に入れる鍵なのです。断食の実行は宿便も出やすくなり腸内環境がよくなります。

 

・月と体
その断食の実践にあたり、お勧めの日が存在します。月が欠けていく周期は月の影響で体内の余計なものは排出されやすいと言われます。そのため、新月の日が一番おすすめ。一番効力の強い日とされています。合わない場合、満月から新月にかけて自分の都合に合う日を選ぶと良いでしょう。

 

逆に満ちていく周期は吸収力が高まっている日です。ダイエットには満月から新月が好ましいとされるのはこういう理由があるからなのですね。

 

・断食の心得
断食実行を前にその心構えですが、断食の前日食事は腹八分目に、お酒ももちろん抑えておき、和食を中心にメニューを考えましょう。
当日は水1〜2Lだけでほかは口にしない事、運動も激しいものでなくストレッチ程度で。そして、より確実に断食実行のためには、食べ物などの情報番組が流れることの多いテレビも断った方がいいですね。そして軽い入浴、早めの就寝を心がけましょう。

 

・断食明けの食べ物
断食の翌日、口にするものはとても大事なポイント。一般にお勧めなのはおかゆですが、手間だという人には甘酒。江戸時代から健康飲料とし親しまれ続けてきた甘酒、現代でも飲まれていますよね。

 

断食後は吸収がとても良いので甘酒のビタミンがお肌に良いのです。酒粕を使わない、アルコール1%未満のものを選びましょう。断食後は味覚が研ぎ澄まされるため体に優しいものがほしくなります。よく噛み、食べ過ぎない事。昼食も夕食も軽めに抑えておきます。暴飲暴食に注意。

 

まるでエステ後のような肌の透明感に驚くことでしょう。一日断食が辛い方には夕食だけの断食法もありますので手始めにそちらから始めてみるのもいいかもしれません。